借金するとしてもヤミ金はNGです

借金をすることによってより人生を豊かにすることが可能です。
お金が無ければ成し遂げられないことがあるからです。

とはいえ、ヤミ金などの違法業者からお金を借りるのは論外です。
ヤミ金からお金を借りたら本当におしまいだと思って良いでしょう。

ミナミの帝王などの漫画で10日で1割(トイチ)などでお金を貸しつけるヤミ金業者の事をご存知の方は多いかと思いますが、漫画で描写されている世界よりも遥かに過酷な運命をたどらないといけなくなることを肝に銘じておいてください。

ヤミ金のなかで10日で1割なんて優しい方で、10日で3割、10日で5割などが当たり前になっています。良く考えてみるとありえないぐらいの利息です。

こんな暴利のところでお金を借りようとする神経も異常だと思った方が良いでしょう。
冷静な判断能力が出来ないぐらいお金に追い詰められている人は借金をする資格はありません。

借金する資格があるのはよりお金を増幅させて人生をハッピーにすることが出来る道筋を明確に持っている人だけです。

浪費やその場しのぎの借金は百害あって一利なしなので、もしそのような状況に追いやられているのならヤミ金に手を出さずに債務整理の手続きをして人生をリスタートするようにしましょう。

ただこの記事を読んでいる方で既にヤミ金からお金を借りてしまって、後悔しているという方もいらっしゃると思います。

もし手を出してしまったのなら、すぐにその関係を打ち切ってっください。弁護士や司法書士など法律の専門家に相談して1秒でも早く今の現状を打破しないと人生すべてを蹂躙されて人生のどんぞこに突き落とされます。どこに相談して良いのかわからないという方はヤミ金相談窓口※闇金の被害、対策、対応など無料で探すならココ!というサイトをご覧になると良いでしょう。

ヤミ金案件を多く取り扱っており、ヤミ金案件の専門家が紹介されています。
借金をすること自体は肯定的に考えて良いのですが違法な借金をすることは絶対にしないようにしましょう。


借金と上手に向き合おう

日本人はやたらと「借金」という言葉に過剰反応しますね。
借金を毛嫌いし借金をしているひとを軽蔑する傾向にあります。

一般的な借金のイメージがギャンブルに狂った人がお金を借りるイメージになっているから
そのようになってしまうんでしょうね。

世の中の風潮も借金することが道徳的に悪いかのような感じです。
はっきり言いましょう。そんな人たちの意見に耳を傾ける必要はないです。

借金することはリスクではありますが、借金は希望や夢を現実化するための
重要な手段でもあります。

借金をするからこそ、自己実現を図ることが出来るケースが多いんです。
子供の頃からの教育の現場でもしっかりと借金の有用性について教えるべきでしょうね。

借金イコール悪の古臭い考えは一刻も早く捨てるべきです。
実際に私の友人の多くも借金があったからこそ成功することが出来たと言っています。

物事にチャレンジする際にはお金が必要になることが多いです。
それも高額の。

そんな時に頼りになるのはまさに借金なのです。
只々無駄遣いのために費やす借金は問題外ですが、借金と上手に付き合うことにより人生はとても豊かで実りのあるものに変化します。

固定観念にとらわれずに借金を受け入れることがあなたの夢を実現するための一番の近道なのかもしれません。


本当の戦い~借金に染まったダメパターン

僕の友人は10代の頃から日々返済に追われている借金ライフを送っている。

かれこれもう16年が経つ。

彼の借金ライフは18歳の頃始めて手に入れたカードの返済から始まる。

あの時は本当にこう思っていた。『魔法のカードだ』と。

しかしその魔法はそう長くは持たなかった。

7ヵ月後の返済、既に彼の貯金では足りなくなっていた為友人にお金を借りてなんとか返済。

しかしその生活も1年ほど経ち崩れ始めた。

友人にお金を返さないといけないが、返すお金も無い。

彼は大学をやめバイトに勤しんだ。

そして一度は全ての支払いを終えたこともあった。たしか21歳のときだ。

だが彼の借金ライフはまだまだこれから続くのであった。

ひょんなことからギャンブルにはまり、その日暮らしの生活を送っていた。

その仲には既に借金ライフを満喫しているやつもいた。

ローンで金を借りて、一か八か博打で勝負。負ければその月ゴミを漁る生活、勝てばキャバクラ行き放題。まさにギャンブラー。

賭ける金額が尋常では無い。彼もそこまではさすがにならないだろうという軽い気持ちでギャンブルを楽しんでいた・・・

しかし今ではどうだろう。ローン会社は彼をブラックリストに載せる始末。

まあ5社も踏み倒しているのだから仕方が無い。本当の借金ライフはこれからだ。

コレからが本当の戦いだ。

彼は典型的に借金に染まって失敗しているパターンですね。
世の中の多くの方が抱いている借金している人の典型だと思います。

でもこういったパターンだけ見ていると本質を見失うんですよね。
借金は良薬にも毒にもなります。

借金を良薬として扱う能力があれば借金をすることは非常にメリットの大きいものに変わるのです。
その点を知っているか知らないかが人生を大きく変えると思います。

借金は身の破滅を招く?確かにそういった側面もありますが、あなたの人生を豊かにする凄まじい側面を持っているのもまた事実なのです。ダメな例も参考にすべきですが借金して人生が好転した人の話しもたくさん聞くと良いですね


借金はチャンスを掴むもの

「借金」というキーワードを耳にすると多くの方が拒絶反応を起こす。

借金をすること、借金をしている人に対して軽蔑の目を向ける。

多くの方がそうなのではないでしょうか。

借金をする人イコールダメ人間。

そういった考えが浸透しているのが現実です。

確かに借金で身を滅ぼす人も少なからずいるので
そのような考えになるのもある意味仕方がないのかもしれません。

しかし借金をすることってそこまで悪いことなのでしょうか。

企業は事業を拡大する為に借金をします。
個人は夢を実現するために借金します。

それらの借金も全て悪いと思いますか?

これらの借金は夢を掴むためのものです。
固定観念で煙たがれている借金をすることにより夢を実現している人がいることを
覚えておいて欲しいんですね。

もし借金が無い世界だとしましょう。
壮大なプランがあります。でもそれを実現する資金がありません。

そのような場合に借金が出来ないとすると
その壮大なプランはなかなか実現が難しくなりますよね。
何事をするにもある程度まとまった資金が必要になることは多々あります。

借金はチャンスを掴むためのものと私は考えています。

もちろん借金をしなくても株式会社として出資者を集い投資してもらうという方法もあります。

でも借金がないとするとかなり多くの夢や希望が潰えてしまうことは間違いないでしょう。
なので借金を理由もなく忌み嫌うことは止めたほうが良いと私は思います。

偏った考えですべての借金を否定することは
人生の可能性を狭めることになりかねませんからね。

良い方向で借金と向きあえば人生が好転しますし
悪い方向で向きあえば人生は転落します。

だからこそ良い方向で借金と向きあい
思い描いた夢を実現出来るようにみんながなれば素敵ですね。