遺産相続について

死亡した人の財産を受け継ぐことを遺産相続といいます。この場合、死亡した人に借金があれば、それも引き継ぐことになります。
用語としては、亡くなった人のことを被相続人、財産を受け継ぐ人を相続人といいます。二人以上の相続人が財産を相続することを共同相続といいます。このとき、それぞれの相続人の相続財産の割合を相続分といいます。
通常、遺言があれば相続の配分はそれに従いますが、ない場合は法定相続になります。法定相続に関しては、民法900条に規定があります。主な、ケースは次のようになります。
①被相続人の子どもと配偶者(妻または夫)が相続人である場合は、相続分は子が1/2、配偶者が1/2となっています。子が何人もいる場合は、1/2を均等に分けていきます。
②被相続人の配偶者と、被相続人の直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母)が相続人である場合は、配偶者が2/3、直系尊属が1/3となっています。直系尊属が何人もいる場合は、1/3を均等に分けます。
③被相続人の配偶者と、被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、相続分は配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4です。兄弟姉妹が複数いる時は、1/4を均等に分けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加