「 2014年06月 」一覧

借金で人生を切り拓く

借金が人生を後退させると思い込んでいる人が多いようです。
でも果たしてそうなのでしょうか?

確かに借金は上手に付き合うことが出来なければ転落人生を歩むことになりかねません。
しかしながら計画的に上手に借金と向きあえば人生を切り拓くことが可能です。

世の中、なんやかんやいって結局はお金を持っている人が有利です。
そのお金は別にご自身の貯蓄でなくても借金でもかまいません。

とにかく手元に動かせるキャッシュを持っているという事実が重要なんです。
現金が手元にあればお金を投資出来ます。

投資する子という事はリスクも伴いますが現在ある手元のお金を数倍にも伸ばすポテンシャルを持っています。

みんなリスクばかり考えて借金を敬遠しますがお金を一気に増やす手段があるにも関わらずそのポテンシャルを無視することはなんとももったいないことだと私は考えています。

なるべくコストをかけずに参入障壁の低いビジネスで勝負して資金をストックして勝負するのも良いのかもしれません。ただ貯蓄するには早かれ遅かれ時間が必要になります。

借金の強みは審査が通ればすぐにキャッシュが手元に残ることです。
もちろん借金である以上返済の義務が伴ってきますが、借金をすることで自分がやりたいこと、投資が容易に出来ることは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

借金をすることに対していつまでのネガティブな考えを持っていては安定した生活を手にすることは出来ますが突き抜けた生活をすることは極めて難しいと言えるでしょう。

組織の意向に従い社畜となって一生を送るという可能性が極めて高くなることは間違いないです。
人間は誰もが自由になりたいはず。そうであればリスクをとってでも借金をしてそれを投資に回すぐらいの勇気は持たなければなりません。

その決意が出来た時目の前に広がる景色は一気に広がることでしょう。


借金はモチベーションの維持に効果的!

借金と聞くと聞こえは悪いですが、
ローンもいってみれば借金です。

車や住宅は金額が大きいのでほとんどの方がローンを組むことになると思います。

世の中で借金をしている人…もなかなかいると思うのですが、
ローンを組んでいる人…はもっといるはず!

つまり、借金をしている人って世の中にたくさんいるんです!

そして、その借金は返済しなければいけないという使命感も生まれてくる為、仕事を頑張れたり、ちょっと具合が悪くても体を鼓舞して休まなかったりして何かと自分のモチベーションの維持に一役買ってくれているのではないでしょうか。

逆に、借金を全て返済し終えるとなんだか気が抜けてしまった…という人も多いと思います。

車のローンが終わった途端に体調を崩すことが多くなったという人っていませんか?
それは今まで張りつめていたものが緩んでしまった証拠ですね。

なので、人はなんらかの借金を背負っていた方が良いのでは?と個人的には思うんです。

別に借金じゃなくても賃貸物件に住んだりするのでも構いません。
賃貸物件は毎月家賃がかかりますからそれを支払う為に頑張らないといけませんからね。

または高い時計を買ってみたり、大型テレビを買ってみたり…。
一括で買った方が金利も付かなくて安いのですが、分割で買うことにより働くことへのモチベーションが高まるという方も少なくないと思うんです。

むしろ、よほどストイックな方でない限り何も無い状態で頑張れないのではないでしょうか。

そういう意味でも借金を背負うこと、ローンを組むことは一概に悪いことだとは言えないと思うんですよね。

但し、あまりに度を超えた借金になってしまうと焼石に水状態になってしまい、モチベーションが一切上がらなくなってしまう場合もあるので、あくまである程度の借金に留めておきましょう!

何億もの借金を抱えて返す為に頑張れるという人は、
きっと借金が無くても頑張れる人だと思います…。